調味料や食材には気をつけているのに、パンは市販品?

シンプルで心地よい
オイルフリーのミニマルパン™️加藤みきです^^ 


ミニマルとは「必要最小限」という意味。 厳選した必要最小限の材料で
作ったパンを起点に
食養生をベースにした
食の知識を身につけることで 心も体も本来の自分に戻す
パンのある暮らしと
食のオリジナルプログラムです。

毎日講座が続き、今日で10日目です^^

毎日パンに関わって、生徒さんの思いや気付きを伺えてアドバイスを
直接手渡せるこの仕事を企画創造して本当によかった^^と感じています。​​​​​​​   
これまでの複数の受講生さんのお話で、
調味料は伝統的製法のものを使い、
油もサラダ油は良くなくて、主食はお米、玄米を基本として
小麦粉ではなく米粉を使うことを学んでいたり、
情報として知っている方も多いですね^^   


  食事準備では調味料厳選などを実践しているのに
朝食パンやおやつは市販のもの。   

その矛盾に気がついている方もいらっしゃいますね^^   

 通信講座で食を学んだのにパンはなぜか、
別のもののように感じていて、
白砂糖も油類や加工品と合わせてパン作りしていた・・・・    

食について学んできたはずなのに自分ごととして感じていなかった・・・・    

 砂糖の不安は知っているつもりだったけど、つもりなだけで
子供のお菓子を少し控えるくらいで市販パン類は
いいのかと思っていました・・・・      

というお声はこれまで複数ありました。
口に入れるものは、全て自分が管理していなければ
思わぬ付録として添加物、蓄積される金属類、脂肪の堆積などを許してしまう
ことになります。     

小さな子供なら、市販品や菓子パンの味、香り、食感が普通にしか
感じなくなるのもあっという間です。      

体は全部が繋がっていますね。
ですから1つだけを良いものに変えても全体はあまり
変われないのです。   

 それなら、悪影響があるものを1つ減らす。という方法をとる方が
結果は出やすいと思うのです。 

 なぜなら、体は、毎日あなたの生命活動を守るために
働いているから、
その働きの足を引っ張らないために口にするものを選べばいい。     
と私は考えます^^

市販パンや菓子パン類を摂っている間は、
いつも体の巡りの妨げがあるのです。    

子供の期間はとても短いです。その短い期間にどんなもので
味覚感覚や体を作ってあげたいですか^^?    

 ミニマルパンでは幼児や成長期の子供が
将来的に食べ続けられるパンの材料の選び方、考え方、  
材料を厳選したパンの作り方や体の
仕組み、栄養学も組み込んだ講座です。   

だからお母さんたちにご支持いただき、
完全オンラインでも講座受講の継続率は70%を超えています。      

また書きますね。 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

加藤みきのアバター 加藤みき オイルフリーミニマルパン講師

オイルフリーパン を伝えて講師歴11年です。パンには不要な油分砂糖を加えませんが、体に必要な油は摂取しています。制限ではなく食べるものを選ぶことで体を整える食生活を講座で伝えています。
オイルフリーのパンを10年食べ続けた私の結果は、体型も体重も変わらず以前必要だった抗生剤や胃腸薬が不要になって体調を崩す不安もなくなりました。食の整えは将来の健康を作り、こどもたちの食は未来の活動や学力も変えることができると思っています。
自分自身や子供の健康をパンのある食卓で実現したい方、
オイルフリーのミニマルパン講座を将来のテレワークにしたい方へお届けしています^^

コメント

コメントする

目次
閉じる