もっとパンを健康的に食べるためのドクターも勧める方法

健康を気にする人はパンを

あまり食べない

なんて風潮もありますが

材料、食べかた、量などを

自分に合わせて取り入れたら

健康を維持しながらパンのある暮らし

を楽しむことができます。

食事の基本は体を作るだけではなくて

楽しみの時間でもありますよね^^

私たちの体は細胞でできていて

その細胞膜は脂質から構成されている

ということと

粗悪、酸化、化学薬品で絞り出した

油でできた製品を

口にすることは

自分自身や幼い子供の細胞膜を

それらで構成することになる

という内容を以前に書きましたね。

今日はパンを健康的に食べる

方法の1つを紹介します。

市販のいろいろな糖類、

調整剤、油脂を含むパンに関しては

一緒という訳にはいきませんが。・・・

その方法はオリーブオイルと

一緒に食べることです^^

美味しいだけじゃなく

体にとって優しい効果があるから

私は継続しているんですよ^^

この食べ方を日常で実践するには

小麦粉、酵母、水、塩、少しの糖類

でできたシンプルパンだから効果があるとも

言えるんです。

ですが市販のパンや一般的な

パンスクール、パンレシピには

ほとんど油を含んでいます。

栄養学的には

バター、マーガリン、ラード、
ショートニング、

太白ゴマ油、米油・・・

これらはあえて気にしてまで摂取の

必要はありません。

これらを摂取することが健康に

繋がるというのでも

ないんです。

こういう、暮らし密着型の

身近な健康食の知識が

オイルフリーミニマルパン講座では

膨大な量を学んでいただけます^^

そしてそれは私のこれまでの学び、

実践した結果で本当わかったこと

をわかりやすくお伝えするものです。

だから講座で学ぶ受講生さんにも

そのご家族の皆さんにも目に見える変化が

起こっています。

これまでの受講生さんの変化のお声は

こちらにまとめてあります^^

早速ご覧くださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

加藤みきのアバター 加藤みき オイルフリーミニマルパン講師

オイルフリーパン を伝えて講師歴11年です。パンには不要な油分砂糖を加えませんが、体に必要な油は摂取しています。制限ではなく食べるものを選ぶことで体を整える食生活を講座で伝えています。
オイルフリーのパンを10年食べ続けた私の結果は、体型も体重も変わらず以前必要だった抗生剤や胃腸薬が不要になって体調を崩す不安もなくなりました。食の整えは将来の健康を作り、こどもたちの食は未来の活動や学力も変えることができると思っています。
自分自身や子供の健康をパンのある食卓で実現したい方、
オイルフリーのミニマルパン講座を将来のテレワークにしたい方へお届けしています^^

コメント

コメントする

目次
閉じる